高反発マットレス専門家bingnoteが教える硬さと腰痛の関係

マットレスの堅さニュートンとは

ベッドの寝心地はマットレスの硬さによって変わります。
柔らかすぎると寝苦しく感じることがありますし、だからと言って硬すぎるマットレスも体によくありませんし、べ心地も良くありません。
マットレスの硬さを表す単位にはNという文字がつかわれます。
ニュートンといってマットレスの硬さを表す単位です。
では何Nのマットレスが、良く眠れて寝心地がいい硬さなのでしょうか?
マットレスの硬さについて、気になった事をまとめましたので参考にして下さい。

マットレスの硬さ ニュートンの選び方

マットレスの硬さはN(ニュートン)で表しますが、では何Nが一番あなたに合った硬さなのでしょう?
実はあなたの体型によって、最適なマットレスの硬さは違ってくるのです。
体重によって体とマットレスの接触面積に違いが出るため、体圧分散に優れている硬さが変わってくるのです。
参考までにモットンでは体重によってお勧めするマットレスの硬さを、勧めています。

・体重が45kg以下→100N
・体重が46kg~80㎏→140N
・体重が81㎏以上→170N

ちなみに他のメーカーの高反発マットレスの硬さはこうなります。

・マニフレックス 170N
・エアウィーブ 100N
・AIR SI 170N
・モットン 100N~170N

高反発のマットレスだと100N以上のものがほとんどです。
100Nあると硬めのマットレスと言えるでしょう。
これが低反発のマットレスだと、ガクンと落ちてトゥルスリーパーの硬さは40Nとなります。
硬いのがいい、柔らかいのがいいと個人の好みはありますが、試しに寝てみることができるタイプ、硬さが選べるタイプで選ぶのが一番いいですね。

腰痛に効果のあるマットレスの硬さ

正直、マットレスによって腰痛が完全に治るということはないでしょう。
腰痛を治すためには、整体にいったり、普段の生活から腰に対してケアしたりが必要です。
ただマットレスによって、腰の負担をかけないことはできます。
人間は眠っているときに腰に体重がかかってきます。
柔らかすぎる布団の何が良くないかというと、腰が沈んでしまうために、腰に集中して負担がかかるのです。
そして柔らかすぎる布団では、寝返りの時に頭と腰の部分の回転が異なり、ねじれが発生する事からも腰に負担はかかります。
では、腰痛の人には硬い布団がいいのでしょうか?
硬すぎる布団の場合腰や胸部分が全く沈まないため、体圧が集中し負担がかかります。
寝苦しいため不要な寝返りが増えて、腰痛につながるのです。

これは、高反発マットレスを総合的に扱う専門サイトでも情報が公開されています。

専門家の意見として参考に出来る内容が多いので紹介します。

腰痛や首、肩こりを改善しながらも安眠を手に入れたいのならモットンジャパンの高反発マットレス。

誰もが知っている有名メーカーの高反発マットレスを選びたいのならマニフレックスの高反発マットレス。

ちょっと変わった珍しいタイプの高反発マットレスならシンカフトンセレクトの高反発マットレス。

このような選び方でも良いでしょう。

出典:おすすめ高反発腰痛マットレスランキング

このように、マットレスは目的や体の症状に合わせて良い物を選ぶ必要があるのです。

結論としては、柔らかすぎず、硬すぎず、反発力の高い高反発マットレスが腰に負担をかけず眠ることができます。

高級ホテルのベッドの硬さは90N?

あまり行く機会はないですが、今までに何回か高級ホテルに泊まったことがあります。
高級ホテルの寝心地はやはり最高で、できればあのベッド寝心地を自宅で毎日味わいたいと思い、高級ホテルのベッドの硬さについて調べました。
ホテルベッドのウレタンの硬さは90Nという情報を見つけました。
90Nというと100Nよりは硬めではないですが、普通より少し硬めというくらいですかね?
でもホテルのベッドはウレタンだけで構成されているわけではありません。
残念ながら、家でのマットレスの硬さを90Nにしたからと言って、あの寝心地が再現される訳ではありません。
自分で寝てみて、自分の感覚を信じて選ぶしかないのです。

マットレスの硬さを自分で調整

最初はいいと思ってかったマットレスでも、何日か寝ているうちに
「柔らかすぎて寝苦しい」
「硬すぎて熟睡できない」
そんな事になる可能性もあります。
そんなときに自分でマットレスの硬さを調整する事はできるのでしょうか?
硬すぎた場合は、下や上に柔らかいマットレスを重ねて敷いてみることで、少しは改善しそうですね。
でも、もしそれでも硬さがあわなかった場合は、買足したマットレスが無駄になってしまいます。
柔らかすぎた場合は、調整するのはなかなか難しいでしょう。
マットレスは大きい買い物ですので、手放して次のを買うというわけにもいきませんよね。

私がモットンの高反発マットレスを選んだ理由には、硬さがあわなかった場合に交換できるからです。
モットンでは3種類の硬さのマットレスから選ぶことができます。
交換できるのは1回だけですが、私たちのことを考えてくれていて素晴らしいと感じます。
詳しくは公式ページでご覧ください。

マットレスの硬さまとめ

マットレスを購入しようと思うまでは、Nという硬さの単位を知らずにいました。
体重によってマットレスの硬さを選んだほうがいいこと、そして自分の好みによっても選ぶ基準がかわってきます。
私も実際寝てみるまでは、自分がこのくらいの硬さが寝やすい、好きというのはわかりませんでした。
特に腰痛持ちの方は、マットレスの硬さを悩みますが、腰に負担がない高反発のものを選ぶといいのではないでしょうか?
モットンは、万が一自分の好みの硬さではない時に、交換できるマットレスです。
安心して硬さを選んで試すことができますね。

 

安眠にはやっぱりマットレスが必要!お年玉で初めて買ったマットレス

教育方針でマットレス無しで睡眠!硬い床で寝ることは普通じゃなかった!

子供の頃、うちの家の方針は、子供はできるだけ硬い布団の上で寝るのを良しとされていました。

具体的には、床の上に薄い敷布団を敷いて、ちょっと背中が痛いくらいで寝るのが基本でした。

もしくは、床の上にじかに寝るほうが背骨がまっすぐになっえ良いとい割れて、

夏場などは床にタオルを敷いただけで寝ていたりもしました。

それは父だか祖父だかが昔読んだ中国のえらい武将かなにかの伝記で、何かを成し遂げるまでは枕を高くして眠るなといったのと同じ類の話で、

背中の痛みでなすべきことがあることを忘れないようにするといったようなものでした。

また、他にもうちには独特のベッド環境がたくさんありました。

早起きするには手を背中の下にして眠ると良い(昔の勤勉な人が寝坊をしないために、そうすると手がしびれて早く起きるためにしていた・・・むしろ寝られないとおもうのですが)とか、真冬でも窓を開けて寝ると寒さに負けない強い子になるとか、健康になるとか、眠りに関して比較的厳しい環境でした。

しかし、それも誰かと比べるまでは気が付かないので、子供のころは全く普通のことだと思っていました。

友人宅で初めてマットレスを使ったときの衝撃は忘れられない

そんな僕に転機が訪れるのは、中学校で行った登山での出来事です。

もちろんなんの経験もない中学生が登る山ですから、危険な山ではありません。

普通の人なら日帰りできるような程度の山です。

しかし、ひ弱な現代中学生にはとても過酷な登山に感じられました。

そんな高度でもないのですが、高山病になる同級生が現れ、

隙間風がはいる山小屋では寒くて熟睡できない人がほとんどでした。

また、山小屋の固いベッドには多くの同級生が閉口していました。

しかし、そんななあデ、僕だけは全く問題なくいつも通り睡眠をとれました。

そこでやったーこれは今まで床の上で寝たり、真冬でも窓を開けて寝るように指導してくれた父たちのおかげだ!

・・・・とはならないのが中学生です。

え?逆にみんなどんな環境で寝てるの?

と気になり友人の家に初めて泊めてもらうことになりました。

僕の家は比較的厳しく、人様の家に遊びに行ってもベッドの上に座るようなことはお行儀が悪いとされていたので、

友達がどんなベッドで寝ているのかももちろん知りませんでした。

そこでいつも見慣れた友人の部屋ですが、そこにしかれたお布団の柔らかさに感激しました。

え・敷布団てこんなに柔らかいの?と。

布団をまくると何層にも積み重ねられた布団の中に見慣れない厚みがありました。

そう、これが今では僕の眠りに欠かせないマットレスです。

このふかふかの正体はマットレスだったのです。

僕はすぐにお年玉でマットレスを買いました。

今思えば質の良くない激安マットレスですが、修行僧のような僕の眠りを激変させたマットレスとの衝撃的な出会いでした。

存在を意識させないのがよいマットレスだと実感!ベッド選びのポイント

自分たちにピッタリのマットレスに出会うまでの紆余曲折

ベッド選びに悩んでいませんか。

ニトリなどに行けば安価なベッドが売っています。でも人生の4分の1か3分の1をベッドの上で過ごすと思うと、できればいいものを買いたいですよね。

私たち夫婦が使っているベッドのメーカーは日本ベッドです。

どのようにして日本ベッドに決めたのか、その結果どうだったかご紹介したいと思います。

ベッド選びを始めたのは、家を買うことになってからでした。家を建てるまではマンションの畳の部屋で布団を敷いて寝ていました。

でも新居には和室はひとつもありません。ベッドを買わざるをえない状況でした。

新居に入る1か月前、近くの家具店が寝具フェアをやるというので、2人で見に行きました。

とにかくいろいろなベッドを試してみようということで、有名メーカーのベッドにそれぞれ寝てみました。

まず有名なシモンズに寝てみました。ふんわりと体を包むような気持ちよさ。

いかにも快適です。販売員もおしゃれな感じでした。

つぎに日本メーカーの代表、フランスベッドを試してみました。これも快適です。

でも何か落ち着かない柔らかさがありました。

最後に日本ベッドに寝てみました。

すると、良いとも悪いとも感じられないのです。昔から使っているベッドに寝ている、そんな感じがしました。

「いかがですか」と日本ベッドの販売員は聞きました。私はこの感触をどういえばいいのかわからず、返事をためらっていました。

すると販売員は次のように言いました。「私たちは、寝た時のお客様のお顔を拝見しています。寝ころんだ時に、いいお顔をされれば、それがお客様にあっているんだなとわかります」と言いました。

頭で考える前に、体は落ち着きを感じ、それを顔が表現していたのです。

新居に入った日にベッドも搬入され、さっそく寝てみました。「あれっ、こんなに硬かったっけ」。

正直、家具店で経験したものよりも固く感じたのです。あわてて商品名を確認しました。家具店で体験したマットレスの固さはミドル。注文したものの固さも同じミドルです。

もしかしてマットレス選びに失敗したのかもと、不安がよぎりました。ベッド枠やパッドを入れると2台で30万円を越えます。

不安を持ちながらも仕方がなくそのベッドで過ごして1週間。夫は、引っ越し前はいつも朝起きると腰が痛いとぶつぶつ言っていました、気が付くと腰が痛いと全く言わなくなったのです。

そして、1か月過ぎるころには、マットレスが体に馴染んだのでしょうか。あの家具フェアで経験した感じでベッドに横たわるようになりました。

つまり、いい意味で、良いとも悪いとも意識させないベッドです。

1年経ちましたが、夫の腰痛は無くなり、2人ともベッドを意識することなく毎晩寝られているということで、日本ベッドは成功だったではと思っています。

以上、みなさんのマットレス選びのご参考になれば幸いです。

ブラックで落ち着いたカラーのマットレスに魅力を感じる理由

しばらく前までは特別マットレスの色にまであまりこだわりを持たず、気持ち良く寝られればそれで良し、という考え方でした。

もちろん現在でも基本的にその考え方で決して間違いではないとは思うのですが、それ以上に最近は頻繁に寝具のネットショップを見る機会が増え、それと共にブラックのマットレスがやけに大人びて格好良く見える様になってきたのです。

ブラックの利点と言えばその格好良さや大人びた雰囲気であると共に、少々の汚れや色褪せ程度では目立ち難く外観を損ねてしまうケースが少ない事、また特殊な事例としては冬場にマットレスだけの状態にして昼寝を楽しむ際、室内の日照の良い場所に予め広げて出しておけば、熱を吸収し温まり易く、いきなり横になっても冷たさを感じない、といったところでしょうか…

ただその上に敷く敷き布団や掛け布団もダーク系のカラーで統一すればより落ち着いた感じとなり、ストレスや興奮も収まりすぐに寝付ける様な気がしてならないのです。

かつて宿泊した地方のビジネスホテルのベッドがちょうどこのパターンの配色となっており、ちょっとした珍しさを感じると共に、相当興奮していた状態だったにも関わらず寝付きが意外と早かった、という経験が一度ありました。

一方のホワイト系のマットレスは純粋無垢や清潔感を前面に押し出した、というイメージ。

旅行や趣味に伴う非日常下での宿泊や就寝ならピッタリでしょうが、汚れや色褪せが目立ち易く日頃のメンテナンスが大変そうなイメージに加え、日々のストレスや興奮をすぐに収めるには若干明る過ぎる様な気がします。

大抵のマットレスは地のウレタン素材にカバー生地を被せた造りとなっており、そのカバーさえ適宜交換出来ればこの様な考慮や心配をせずかなり好きに選ぶ事が出来るでしょう。

必要となればもう一方のカラーのカバーを購入し取り替えればOKなのですから。

私が次にマットレスを選ぶ際もおそらくカラーは重視する事になると思いますが、基本カバーはブラックで、必要とあればより明るいカラーに交換出来るタイプを選ぼうかと考えています。

同じ場所に暮らしているとマンネリ感を防ぐ為に定期的な気分転換はやはり必要。

そう考えるとマットレスのカバー色一つ変えるだけでかなり違ってくると思うのです。

いずれにせよ暗さ明るさは適宜選ぶとして、マットレスの柄に関しては絶対に無地派な私です。

余計な柄やパターンが全面に入ってしまうと精神的に落ち着かず、逆に眠れなくなってしまうという神経質さが大きな原因。

心を無にして素早く寝付く為にもまっさら無地なカバー生地は、私にとって大切です。

自分だけは大丈夫…そう思っていた私がついに腰痛になってしまった!

先日ついに私も腰痛というものを体験してしまいました。ぎっくり腰というほど致命的なものではないのですが…

今まで生きてきて30数年、腰痛とは縁のない生活を送ってきました。

周囲では若くしてコルセットを巻いたり、痛み止めの注射を打ったりする人がのたうちまわっている中で、私は根拠無く、腰痛にはならないものだと思っていました。

その時私は、それ程重く無い荷物を棚から棚へ移す作業をしていました。

やり慣れた作業でしたし、荷物もそれほど重いものではありませんでした。

今思えば、微妙な足の立ち位置などで、ちょっと無理な体勢になっており、そこに違和感はありました。

荷物を持ち上げようとした瞬間、背骨の中心が軋むような、ひねるような微かな痛みを感じたのです。ほんとうに「ピキッ!」という擬音がぴったり合うような痛みでした。

この痛み自体は、耐えられないようなものではなかったのですが、「このまま負荷をかけるとやばい…」という前兆はありありと感じましたので、なるべく腰に負担をかけないよう、その後の作業にのぞみました。

しかし、この時以降、ふとした体制をとるたびにこの「ピキッ!」という痛みが走るようになり、もう以前の自分とは違う体になってしまったのだな… と、しみじみ感じました。

講習で腰痛に関して学んだことで対策を知ることができた

腰にプチ爆弾をかかえるようになってから少し後、タイミングよく(?)私の勤める会社が福利厚生事業として『腰痛学習会』なる企画を開催してくれることとなりました。

これは、慢性的に腰痛持ちの多い社員たちからの要望で、会社が近くの病院のリハビリの先生(理学療法士でしょうか)をお招きして腰痛についての学習会と、予防体操などをレクチャーしてくれるというものでした。

せっかくなので、私も就業後参加することにしました。

まずは講師の先生から、腰痛のメカニズムについての簡単なレクチャーがありました。

講師の方の言うには、腰痛は腰そのものに原因があるのではなく、背中の筋肉が硬いことによって、背骨全体で受け止める負荷がすべて腰にかかるために起こると話されていました。

たしかに、参加者みんなで前屈をしてみると、私を含め、背中がまっすぐなまま腰の部分のみが曲がってしまう人がほとんどでした。

本当に腰に原因のある人は、痛みは股関節にくるものだとも話されており、初めて聞くお話でしたので、目からウロコが落ちる思いでした。

ですので、腰痛に悩んでいる人は、まず背中の筋肉をほぐし、背筋を鍛えることが大切だと話されていました。

その後、腰痛予防に効果的な体操を教えていただき、有意義な時間をすごせたと思います。

腰痛は、なってしまうと取り返しのつかない部分があるので、腰痛にならないようにすることが大切なのだと、実感する今日この頃です。

ベッドのマットレスをなるべく費用を掛けずに自分で処分する方法

自分でも処分できる?不要になったベッドを捨てるためのルール

古くなって使わなくなったり、買換えで不要となったベッドのマットレス。

どうやって処分したら良いものか?、悩まれる方も多いのではないでしょうか。

粗大ゴミとして処分を自治体へ依頼する方法の他、解体して可燃ごみや不燃ごみとして廃棄する方法などもあります。

なるべく費用を掛けずにベッドのマットレスを処分することを中心に、紹介していきたいと思います。

◆ベッドのマットレスを粗大ごみとして処分を依頼する

大きく重いベッドのマットレスの処分方法としては、自治体へ粗大ゴミとして処分を依頼するのが最も一般的スタイルではあります。

大まかな手順としては、コンビニや指定の商店など「有料ゴミ処理券」を取り扱っている店舗で「マットレス処分費用」に当たる処理券を購入します。平均的には1, 000円程のようですが、自治体によって異なります。

「有料ゴミ処理券」に自身の指名や受付番号、収集日など必要事項を記入し、処分するマットレスへ貼って出せばOKです。指定日の指定時間に自宅外まで持ち出すことが一番の手間かもしれません。

特にスプリングマットレスは非常に重いものなので、1人で2階の寝室から玄関先まで持っていくのも大変な労力を必要とします。

また回収に来てもらうのではなく、自分で粗大ゴミセンターやゴミ処理場まで持ち込むという方法もあります。

処分費用も割安になりますし日時の指定もなくなる反面、自分で持ち運ぶということが出来る環境に限って出来ることです。

わざわざマットレスが載る小型トラックをレンタカーで借りて対応するのでは、逆に処分費用が高額になってしまいます。

日時指定でも自治体の安い費用で処分するか、多少費用が掛かっても好きなタイミングで処分するかは、個人の判断によるところとなります。

◆ノンコイルのマットレスなら可燃ごみで処分

金属製スプリングが使われていないノンコイルマットレスなら、カッターやハサミで小さく裁断しいくつかの塊りで紐で縛ってしまえれば、可燃ごみとして収集所へ持っていけばOKです。

この際にも、ゴミのサイズを○cm×○cm以下と自治体によって指定しているケースもあるので確認しておくのが良いでしょう。

◆コイルマットレスを解体して処分する

自治体によっては、コイルスプリングを粗大ゴミとして回収してもらえないケースもあります。

その場合には回収業者へ依頼するしかないのですが、費用は5~10倍になることもあります。

費用を節約したいと考えるならマットレスを自分で解体し、可燃ごみ・不燃ごみで出す方法もあります。

やや大変な作業ではありますが…

・マットレスの表面のカバー生地をカッターで切る

・スプリングコイルの上に敷かれている綿などを取り出す(結構大変!)

・スプリングを分解し個々にバラシていく(大型ニッパーが必要)

カバー生地や綿などは、ゴミ袋に入れて可燃ごみで出せます。

金属製スプリングも、ゴミ袋に持ち運べる重さに小分けして、不燃ごみとして出せます。

腰の痛みの原因は姿勢の悪さ?!解消のために試したこととは?

私は長年、腰痛の持病に悩んできました。

きっかけは仕事だったのですが、その仕事を辞めてからも、掃除などの前かがみになる作業や、重たいものを持ったりすると、すぐに腰痛になってしまいます。

そこで、腰痛にならないように毎日の行動を制限するようになりました。

長年の悩みの腰痛の原因が姿勢の悪さにあることに気がついた

昨年あたりから、腰痛から肋骨痛まで広がるようになってしまいました。

最初は自分の姿勢が悪いことが原因だとは思いませんでした。

しかし、いろいろな方法を試してみても限界があることを知り、そこでようやく姿勢から来ていることがわかりました。

前かがみの作業をした後に、きちんと腰のケアをしてあげることで、腰痛がひどくならずに済むようになりました。

今まで痛み止めの薬やシップなどでも、痛みを無くすのには限界があったのに、少し腰の位置を正常に戻しただけですぐに痛みが引いていきました。

私は原因を外に求めていたのかもしれません。

しかし、本当の原因はもっとも基本的なことで、自分がただ気付かずにいただけのような気がします。

もしかしたら、これは腰痛だけではなく、様々な問題やトラブルの解決法も意外と身近にあるのかもしれないと思うようになりました。

今でも腰痛や肋骨痛になってしまうことがありますが、早めにストレッチなどで早めに改善するようにしています。

また、運動不足は腰痛にも良くないようです。

私は毎日ウォーキングをしていますが、忙しいとついついそれをさぼってしまいがちです。

1日くらいだとわかりませんが、数日続くとすぐに腰痛などの間接痛になってしまいます。

年齢的なものもあるかもしれませんが、やはり意識して運動、特に歩くようにしないといけないと感じています。

腰痛などの関節痛は冷えやストレスなどでも、症状が重くなってしまうようです。

確かに私もそういう時に痛みが出やすいような気がします。

ストレスに気持ちが行きすぎて、体のケアを怠ってしまっているのかもしれません。

ストレスが大きい時ほど、いつも以上に体のケアをきちんと行っていくことが必要だと感じています。

一番良いのはストレスを受ける環境を作らないことなのですが、なかなかそういかない場合が多いようです。

その為、やはり早めにストレスを解消するようにしていきたいと思っています。

腰痛は姿勢の他にも、腰を支える筋肉が衰えると、痛みが大きくなってしまいます。

今は以前よりもウエストが太くなってしまいましたが、その分腰痛になりにくくなったような気がします。

ウエストが細くてもしっかり筋肉が付いていて引き締まっている体型を目指したいです。

動かないのが一番よくない!バッキバキの腰痛を直すためにストレッチ

多分小学生の頃からもっている腰痛がここ数年でどんどん酷くなってきました。

特に仕事を始めてデスクワークが増えた頃から酷くなっています。

よくないんてすね、動かないって事は。

学生の時は部活で腰を痛めていました。

軟式のテニスをやっていて、その頃も痛めたけれども毎日のストレッチをしたり、気を付けていました。

動かして痛めた場合は休めばある程度取れました。

しかし、動かないで固まり痛めてしまった場合、痛い中動かさないといけないのでしんどいです。

昔は肩こりと首こりの方が酷く腰痛はオマケな感じで整体とかお願いしていましたが、今でも肩こり、首こり酷いですが、今は腰がメインになっています。

もしかしたら、背中全体が固いので、全体をほぐさないといけないんだと思います。

整体の先生には全身が固いのでこまめに来るように言われます。

針をするのはオススメです。見えない所にするのは初めは怖いかもしれないですが終わった後、大分楽になります。

腰痛が特に酷い時は朝起きた瞬間です。

起き上がる事が痛みの恐怖があります。起き上がる前に「よし起きよう」と気合いを入れないと起き上がれないです。

これ以上固くなってしまうと本格的に日常生活に響いてしまうのでストレッチを始めました。

しかし、問題はストレッチを行うと全然伸びない事です。少し伸ばすものなら痛いと悲鳴を上げてしまいたいくらいです。

特に腰を反らすストレッチとひねるストレッチが辛いです。

昔は忙しくてストレッチをする時間がなかなかとれないという言い訳をしていましたが、するのはやめます。ここまで酷くなると悲しくなります。

ストレッチを始めて少し経ちましたが、可動範囲は広がって来ました。

痛みを我慢しながらやっていましたが、そろそろ、痛いと一緒に伸びて気持ちいいと思える様になってきました。

ストレッチで痛みがでないぐらいになるまで頑張ります。

後、薬を使う様にしました。効くのかどうかは別ですが飲み始めました。

少しでも楽になります様にという事で買いましたが、思ったよりも値段が高くてびっくりしています。

ちゃんとケアをしていればこんな高い出費しなくて良かったんだよなって後悔しています。

昔よりも整体に行く回数が増えたのでその辺の出費も増えているので行かなくていいぐらいまで、痛みを引かせたいです。

腰痛って色んな事の積み重ねであり、全然無い人は無いのだから自分次第でどうにでもなります。

これ以上腰痛と付き合いたくないので、今年中におさらばできる様に頑張ります。