ベッドのマットレスをなるべく費用を掛けずに自分で処分する方法

自分でも処分できる?不要になったベッドを捨てるためのルール

古くなって使わなくなったり、買換えで不要となったベッドのマットレス。

どうやって処分したら良いものか?、悩まれる方も多いのではないでしょうか。

粗大ゴミとして処分を自治体へ依頼する方法の他、解体して可燃ごみや不燃ごみとして廃棄する方法などもあります。

なるべく費用を掛けずにベッドのマットレスを処分することを中心に、紹介していきたいと思います。

◆ベッドのマットレスを粗大ごみとして処分を依頼する

大きく重いベッドのマットレスの処分方法としては、自治体へ粗大ゴミとして処分を依頼するのが最も一般的スタイルではあります。

大まかな手順としては、コンビニや指定の商店など「有料ゴミ処理券」を取り扱っている店舗で「マットレス処分費用」に当たる処理券を購入します。平均的には1, 000円程のようですが、自治体によって異なります。

「有料ゴミ処理券」に自身の指名や受付番号、収集日など必要事項を記入し、処分するマットレスへ貼って出せばOKです。指定日の指定時間に自宅外まで持ち出すことが一番の手間かもしれません。

特にスプリングマットレスは非常に重いものなので、1人で2階の寝室から玄関先まで持っていくのも大変な労力を必要とします。

また回収に来てもらうのではなく、自分で粗大ゴミセンターやゴミ処理場まで持ち込むという方法もあります。

処分費用も割安になりますし日時の指定もなくなる反面、自分で持ち運ぶということが出来る環境に限って出来ることです。

わざわざマットレスが載る小型トラックをレンタカーで借りて対応するのでは、逆に処分費用が高額になってしまいます。

日時指定でも自治体の安い費用で処分するか、多少費用が掛かっても好きなタイミングで処分するかは、個人の判断によるところとなります。

◆ノンコイルのマットレスなら可燃ごみで処分

金属製スプリングが使われていないノンコイルマットレスなら、カッターやハサミで小さく裁断しいくつかの塊りで紐で縛ってしまえれば、可燃ごみとして収集所へ持っていけばOKです。

この際にも、ゴミのサイズを○cm×○cm以下と自治体によって指定しているケースもあるので確認しておくのが良いでしょう。

◆コイルマットレスを解体して処分する

自治体によっては、コイルスプリングを粗大ゴミとして回収してもらえないケースもあります。

その場合には回収業者へ依頼するしかないのですが、費用は5~10倍になることもあります。

費用を節約したいと考えるならマットレスを自分で解体し、可燃ごみ・不燃ごみで出す方法もあります。

やや大変な作業ではありますが…

・マットレスの表面のカバー生地をカッターで切る

・スプリングコイルの上に敷かれている綿などを取り出す(結構大変!)

・スプリングを分解し個々にバラシていく(大型ニッパーが必要)

カバー生地や綿などは、ゴミ袋に入れて可燃ごみで出せます。

金属製スプリングも、ゴミ袋に持ち運べる重さに小分けして、不燃ごみとして出せます。

腰の痛みの原因は姿勢の悪さ?!解消のために試したこととは?

私は長年、腰痛の持病に悩んできました。

きっかけは仕事だったのですが、その仕事を辞めてからも、掃除などの前かがみになる作業や、重たいものを持ったりすると、すぐに腰痛になってしまいます。

そこで、腰痛にならないように毎日の行動を制限するようになりました。

長年の悩みの腰痛の原因が姿勢の悪さにあることに気がついた

昨年あたりから、腰痛から肋骨痛まで広がるようになってしまいました。

最初は自分の姿勢が悪いことが原因だとは思いませんでした。

しかし、いろいろな方法を試してみても限界があることを知り、そこでようやく姿勢から来ていることがわかりました。

前かがみの作業をした後に、きちんと腰のケアをしてあげることで、腰痛がひどくならずに済むようになりました。

今まで痛み止めの薬やシップなどでも、痛みを無くすのには限界があったのに、少し腰の位置を正常に戻しただけですぐに痛みが引いていきました。

私は原因を外に求めていたのかもしれません。

しかし、本当の原因はもっとも基本的なことで、自分がただ気付かずにいただけのような気がします。

もしかしたら、これは腰痛だけではなく、様々な問題やトラブルの解決法も意外と身近にあるのかもしれないと思うようになりました。

今でも腰痛や肋骨痛になってしまうことがありますが、早めにストレッチなどで早めに改善するようにしています。

また、運動不足は腰痛にも良くないようです。

私は毎日ウォーキングをしていますが、忙しいとついついそれをさぼってしまいがちです。

1日くらいだとわかりませんが、数日続くとすぐに腰痛などの間接痛になってしまいます。

年齢的なものもあるかもしれませんが、やはり意識して運動、特に歩くようにしないといけないと感じています。

腰痛などの関節痛は冷えやストレスなどでも、症状が重くなってしまうようです。

確かに私もそういう時に痛みが出やすいような気がします。

ストレスに気持ちが行きすぎて、体のケアを怠ってしまっているのかもしれません。

ストレスが大きい時ほど、いつも以上に体のケアをきちんと行っていくことが必要だと感じています。

一番良いのはストレスを受ける環境を作らないことなのですが、なかなかそういかない場合が多いようです。

その為、やはり早めにストレスを解消するようにしていきたいと思っています。

腰痛は姿勢の他にも、腰を支える筋肉が衰えると、痛みが大きくなってしまいます。

今は以前よりもウエストが太くなってしまいましたが、その分腰痛になりにくくなったような気がします。

ウエストが細くてもしっかり筋肉が付いていて引き締まっている体型を目指したいです。

動かないのが一番よくない!バッキバキの腰痛を直すためにストレッチ

多分小学生の頃からもっている腰痛がここ数年でどんどん酷くなってきました。

特に仕事を始めてデスクワークが増えた頃から酷くなっています。

よくないんてすね、動かないって事は。

学生の時は部活で腰を痛めていました。

軟式のテニスをやっていて、その頃も痛めたけれども毎日のストレッチをしたり、気を付けていました。

動かして痛めた場合は休めばある程度取れました。

しかし、動かないで固まり痛めてしまった場合、痛い中動かさないといけないのでしんどいです。

昔は肩こりと首こりの方が酷く腰痛はオマケな感じで整体とかお願いしていましたが、今でも肩こり、首こり酷いですが、今は腰がメインになっています。

もしかしたら、背中全体が固いので、全体をほぐさないといけないんだと思います。

整体の先生には全身が固いのでこまめに来るように言われます。

針をするのはオススメです。見えない所にするのは初めは怖いかもしれないですが終わった後、大分楽になります。

腰痛が特に酷い時は朝起きた瞬間です。

起き上がる事が痛みの恐怖があります。起き上がる前に「よし起きよう」と気合いを入れないと起き上がれないです。

これ以上固くなってしまうと本格的に日常生活に響いてしまうのでストレッチを始めました。

しかし、問題はストレッチを行うと全然伸びない事です。少し伸ばすものなら痛いと悲鳴を上げてしまいたいくらいです。

特に腰を反らすストレッチとひねるストレッチが辛いです。

昔は忙しくてストレッチをする時間がなかなかとれないという言い訳をしていましたが、するのはやめます。ここまで酷くなると悲しくなります。

ストレッチを始めて少し経ちましたが、可動範囲は広がって来ました。

痛みを我慢しながらやっていましたが、そろそろ、痛いと一緒に伸びて気持ちいいと思える様になってきました。

ストレッチで痛みがでないぐらいになるまで頑張ります。

後、薬を使う様にしました。効くのかどうかは別ですが飲み始めました。

少しでも楽になります様にという事で買いましたが、思ったよりも値段が高くてびっくりしています。

ちゃんとケアをしていればこんな高い出費しなくて良かったんだよなって後悔しています。

昔よりも整体に行く回数が増えたのでその辺の出費も増えているので行かなくていいぐらいまで、痛みを引かせたいです。

腰痛って色んな事の積み重ねであり、全然無い人は無いのだから自分次第でどうにでもなります。

これ以上腰痛と付き合いたくないので、今年中におさらばできる様に頑張ります。