高反発マットレス専門家bingnoteが教える硬さと腰痛の関係

マットレスの堅さニュートンとは

ベッドの寝心地はマットレスの硬さによって変わります。
柔らかすぎると寝苦しく感じることがありますし、だからと言って硬すぎるマットレスも体によくありませんし、べ心地も良くありません。
マットレスの硬さを表す単位にはNという文字がつかわれます。
ニュートンといってマットレスの硬さを表す単位です。
では何Nのマットレスが、良く眠れて寝心地がいい硬さなのでしょうか?
マットレスの硬さについて、気になった事をまとめましたので参考にして下さい。

マットレスの硬さ ニュートンの選び方

マットレスの硬さはN(ニュートン)で表しますが、では何Nが一番あなたに合った硬さなのでしょう?
実はあなたの体型によって、最適なマットレスの硬さは違ってくるのです。
体重によって体とマットレスの接触面積に違いが出るため、体圧分散に優れている硬さが変わってくるのです。
参考までにモットンでは体重によってお勧めするマットレスの硬さを、勧めています。

・体重が45kg以下→100N
・体重が46kg~80㎏→140N
・体重が81㎏以上→170N

ちなみに他のメーカーの高反発マットレスの硬さはこうなります。

・マニフレックス 170N
・エアウィーブ 100N
・AIR SI 170N
・モットン 100N~170N

高反発のマットレスだと100N以上のものがほとんどです。
100Nあると硬めのマットレスと言えるでしょう。
これが低反発のマットレスだと、ガクンと落ちてトゥルスリーパーの硬さは40Nとなります。
硬いのがいい、柔らかいのがいいと個人の好みはありますが、試しに寝てみることができるタイプ、硬さが選べるタイプで選ぶのが一番いいですね。

腰痛に効果のあるマットレスの硬さ

正直、マットレスによって腰痛が完全に治るということはないでしょう。
腰痛を治すためには、整体にいったり、普段の生活から腰に対してケアしたりが必要です。
ただマットレスによって、腰の負担をかけないことはできます。
人間は眠っているときに腰に体重がかかってきます。
柔らかすぎる布団の何が良くないかというと、腰が沈んでしまうために、腰に集中して負担がかかるのです。
そして柔らかすぎる布団では、寝返りの時に頭と腰の部分の回転が異なり、ねじれが発生する事からも腰に負担はかかります。
では、腰痛の人には硬い布団がいいのでしょうか?
硬すぎる布団の場合腰や胸部分が全く沈まないため、体圧が集中し負担がかかります。
寝苦しいため不要な寝返りが増えて、腰痛につながるのです。

これは、高反発マットレスを総合的に扱う専門サイトでも情報が公開されています。

専門家の意見として参考に出来る内容が多いので紹介します。

腰痛や首、肩こりを改善しながらも安眠を手に入れたいのならモットンジャパンの高反発マットレス。

誰もが知っている有名メーカーの高反発マットレスを選びたいのならマニフレックスの高反発マットレス。

ちょっと変わった珍しいタイプの高反発マットレスならシンカフトンセレクトの高反発マットレス。

このような選び方でも良いでしょう。

出典:おすすめ高反発腰痛マットレスランキング

このように、マットレスは目的や体の症状に合わせて良い物を選ぶ必要があるのです。

結論としては、柔らかすぎず、硬すぎず、反発力の高い高反発マットレスが腰に負担をかけず眠ることができます。

高級ホテルのベッドの硬さは90N?

あまり行く機会はないですが、今までに何回か高級ホテルに泊まったことがあります。
高級ホテルの寝心地はやはり最高で、できればあのベッド寝心地を自宅で毎日味わいたいと思い、高級ホテルのベッドの硬さについて調べました。
ホテルベッドのウレタンの硬さは90Nという情報を見つけました。
90Nというと100Nよりは硬めではないですが、普通より少し硬めというくらいですかね?
でもホテルのベッドはウレタンだけで構成されているわけではありません。
残念ながら、家でのマットレスの硬さを90Nにしたからと言って、あの寝心地が再現される訳ではありません。
自分で寝てみて、自分の感覚を信じて選ぶしかないのです。

マットレスの硬さを自分で調整

最初はいいと思ってかったマットレスでも、何日か寝ているうちに
「柔らかすぎて寝苦しい」
「硬すぎて熟睡できない」
そんな事になる可能性もあります。
そんなときに自分でマットレスの硬さを調整する事はできるのでしょうか?
硬すぎた場合は、下や上に柔らかいマットレスを重ねて敷いてみることで、少しは改善しそうですね。
でも、もしそれでも硬さがあわなかった場合は、買足したマットレスが無駄になってしまいます。
柔らかすぎた場合は、調整するのはなかなか難しいでしょう。
マットレスは大きい買い物ですので、手放して次のを買うというわけにもいきませんよね。

私がモットンの高反発マットレスを選んだ理由には、硬さがあわなかった場合に交換できるからです。
モットンでは3種類の硬さのマットレスから選ぶことができます。
交換できるのは1回だけですが、私たちのことを考えてくれていて素晴らしいと感じます。
詳しくは公式ページでご覧ください。

マットレスの硬さまとめ

マットレスを購入しようと思うまでは、Nという硬さの単位を知らずにいました。
体重によってマットレスの硬さを選んだほうがいいこと、そして自分の好みによっても選ぶ基準がかわってきます。
私も実際寝てみるまでは、自分がこのくらいの硬さが寝やすい、好きというのはわかりませんでした。
特に腰痛持ちの方は、マットレスの硬さを悩みますが、腰に負担がない高反発のものを選ぶといいのではないでしょうか?
モットンは、万が一自分の好みの硬さではない時に、交換できるマットレスです。
安心して硬さを選んで試すことができますね。

 

ディスカッションに参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です