ベッドのマットレスをなるべく費用を掛けずに自分で処分する方法

自分でも処分できる?不要になったベッドを捨てるためのルール

古くなって使わなくなったり、買換えで不要となったベッドのマットレス。

どうやって処分したら良いものか?、悩まれる方も多いのではないでしょうか。

粗大ゴミとして処分を自治体へ依頼する方法の他、解体して可燃ごみや不燃ごみとして廃棄する方法などもあります。

なるべく費用を掛けずにベッドのマットレスを処分することを中心に、紹介していきたいと思います。

◆ベッドのマットレスを粗大ごみとして処分を依頼する

大きく重いベッドのマットレスの処分方法としては、自治体へ粗大ゴミとして処分を依頼するのが最も一般的スタイルではあります。

大まかな手順としては、コンビニや指定の商店など「有料ゴミ処理券」を取り扱っている店舗で「マットレス処分費用」に当たる処理券を購入します。平均的には1, 000円程のようですが、自治体によって異なります。

「有料ゴミ処理券」に自身の指名や受付番号、収集日など必要事項を記入し、処分するマットレスへ貼って出せばOKです。指定日の指定時間に自宅外まで持ち出すことが一番の手間かもしれません。

特にスプリングマットレスは非常に重いものなので、1人で2階の寝室から玄関先まで持っていくのも大変な労力を必要とします。

また回収に来てもらうのではなく、自分で粗大ゴミセンターやゴミ処理場まで持ち込むという方法もあります。

処分費用も割安になりますし日時の指定もなくなる反面、自分で持ち運ぶということが出来る環境に限って出来ることです。

わざわざマットレスが載る小型トラックをレンタカーで借りて対応するのでは、逆に処分費用が高額になってしまいます。

日時指定でも自治体の安い費用で処分するか、多少費用が掛かっても好きなタイミングで処分するかは、個人の判断によるところとなります。

◆ノンコイルのマットレスなら可燃ごみで処分

金属製スプリングが使われていないノンコイルマットレスなら、カッターやハサミで小さく裁断しいくつかの塊りで紐で縛ってしまえれば、可燃ごみとして収集所へ持っていけばOKです。

この際にも、ゴミのサイズを○cm×○cm以下と自治体によって指定しているケースもあるので確認しておくのが良いでしょう。

◆コイルマットレスを解体して処分する

自治体によっては、コイルスプリングを粗大ゴミとして回収してもらえないケースもあります。

その場合には回収業者へ依頼するしかないのですが、費用は5~10倍になることもあります。

費用を節約したいと考えるならマットレスを自分で解体し、可燃ごみ・不燃ごみで出す方法もあります。

やや大変な作業ではありますが…

・マットレスの表面のカバー生地をカッターで切る

・スプリングコイルの上に敷かれている綿などを取り出す(結構大変!)

・スプリングを分解し個々にバラシていく(大型ニッパーが必要)

カバー生地や綿などは、ゴミ袋に入れて可燃ごみで出せます。

金属製スプリングも、ゴミ袋に持ち運べる重さに小分けして、不燃ごみとして出せます。

ディスカッションに参加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です